ソリューション

C/S Bridge(C/S版)、C/S Bridge(Web版)の構成について

C/S Bridge(C/S版)、C/S Bridge(Web版)の構成について

IBM i をサーバとして、C/S(クライアント・サーバー)で稼動させる方式と、IBM i サーバもしくは別途PCサーバーをWebサーバーとしてクライアントにBiz/Browserを導入して稼動させる方式でのツール構成は以下のようになります。
iseriesソリューション
クライアントでのアプリケーション稼動が可能な場合は、C/S方式での詳細な画面項目設計が可能となります。
WAN環境(64K等)でも十分なパフォーマンスで御使いいただけます。